Business contents 事業内容

起業家人材育成講座 いわてキボウスター開拓塾

岩手県の豊かで多様な資源に着目した新ビジネスを創出する若者を育成するため、県の財政支援を得ながら、ふるさといわて創造プロジェクト参加校の学生を対象に、アントレプレナーシップ(起業家精神)を醸成する実務教育を実施しています。

起業家人材育成講座・
いわてキボウスター開拓塾PV

キボウスター
(KIBOASTER)の由来について

夢を大きく語ること、大口を叩く人のことを、英語では愛情を込めて「BOASTER=ボウスター」と呼びます。その「BOASTER」と「起業」や「希望」を意味する「キ=KI」をつなぎ合わせた「KIBOASTER(キボウスター)」には、「愛するふるさといわてを切り拓いて、夢を実現する」という思いが込められています。

プログラム

20名程度の学生を対象に、週末を中心とした
2つのプログラムを半年ごとに繰り返し実施しています。
続けて受講することで1年かけて両方のプログラムに参加することも可能となっています。

  • 事業課題解決型 事業課題解決型
    事業課題解決型

    地域リーダーから出題された事業課題に学生が4名程度のチームで取り組みます。事業課題は販路拡大や新事業展開など実際に地域リーダー抱える課題です。
    地域リーダーの現場に触れるフィールドワークを行いながらマーケティング、デザイン、アカウンティングなどを考えます。フィールドワークのほかにも、専門家による経営知識に関する講義も行います。事業計画、実践報告の形として成果報告会で発表します。

  • ビジネスプラン創出型 ビジネスプラン創出型
    ビジネスプラン創出型

    学生が興味のあるテーマ(ものづくり、まちづくり、農業など)ごとに4名程度のグループを作り、地域リーダーを中心とする大学のゼミのような形式でビジネスプラン作成に取り組みます。
    地域リーダーによる指導や専門家による経営に関する講義、現場の大人との意見交換やデモなどを通じて、よりリアルなビジネスプランを練り上げていきます。
    学生それぞれが作成したビジネスプランのうち優れた10件程度を成果報告会で発表します。

対象

ふるさといわて創造プロジェクト
参加高等教育機関、所属の学生・大学院生
岩手大学 / 岩手県立大学 / 同盛岡短期大学部 /
同宮古短期大学部 /
富士大学 / 盛岡大学 /
一関工業高等専門学校 / 杏林大学

STAFF

リーダーシップを学べる地域リーダーや専門分野の第一線で活躍されている講師陣、
地域に貢献する企業・団体が、当プログラム進行を支えます。

  • 地域リーダー

    岩渕 拓也氏
    セルスペクト株式会社
    小友 康広氏
    株式会社花巻家守舎、株式会社小友木材店
    金谷 克己氏
    株式会社エディションズ
    照井 貴博氏
    株式会社長栄館
    橋本 正成氏
    株式会社銀河農園
    ほか
  • 講師

    小川 淳氏
    フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
    竹井 智宏氏
    一般社団法人MAKOTO
    竹川 隆司氏
    一般社団法人IMPACT Foundation Japan
    小安 美和氏
    株式会社Will Lab
    近藤 ヒデノリ氏
    株式会社博報堂
    ほか
  • 協力企業・団体

    メンター
    有限責任監査法人トーマツ
    協力
    岩手県中小企業家同友会
    いわぎん事業創造キャピタル

参加学生の声

中村 佳祐さん
岩手大学2年2017年度時

キボスタ3期では“未利用野菜の冷凍化商品及びマーケティング戦略”というテーマ名で、農家が現在畑にすきこんでしまっているような規格外野菜を始めとしたB品野菜を活用した新たなビジネスを確立できないかと思い、冷凍技術、売り方の工夫による活用法を考えています。

私はキボスタに1、2、3期と継続して参加しているのですが、やって1番よかったことは人との“繋がり”ができたことです。
なぜなら、活動をして行く中で多くの方と知り合い、多くのアドバイスや自分のスキルアップに繋がるようなイベントに招待して頂ける機会が増え、そのような中で、自分のやりたい事を見つけ、それに必要な知識を身につけることができているため、日々人とのつながりに感謝が絶えないからです。
このような多くの刺激を与えてくれるキボスタですが、普段の学校生活、バイトと並行して取り組むのは正直辛い時期もあります。しかし、このような辛い経験は、学生のうちにするか、社会に出てからするか、という違いがあるだけであり、また、前者を取れば社会に出た時に周りの人たちに1歩2歩差をつけ、自分の人生をより良いものにできるのだと思うので、“時間に余裕のある大学生”のうちに経験できてよかったと実感しています。

田中 誓さん
岩手大学2年2017年度時

キボスタに入ろうと思った動機は、単純に“ビジネス”を学びたいと考えたからです。自分はその時トビタテ!留学JAPAN地域人材コースにて「世界へはばたけ!Japanese SAKE」というプランを採択していただき、二戸市の酒蔵・南部美人さんのインターンシップとしてアメリカでの2ヶ月間の留学が決まっていました。海外のマーケティングを学び岩手の地酒・南部美人をアメリカの地で広めるというものです。
キボスタでは自らビジネスプランを作り発表することが最終目標として掲げられていたため、留学に関連し「日本酒利き酒バー」経営プラン作成を、毎週の講義とゼミ長さん、メンターさんの意見を参考にしながら行いました。また練ったプランをもとに盛岡市内のカフェをお借りし、利き酒バーのデモンストレーションを企画、実践しました。
キボスタを終えてみて、地域ビジネスの知識はもちろん、多角的視点でモノとモノを繋げる考え方、そして企画・実行力が養われたと感じます。そして留学では自ら日本酒イベントを企画し成功させることができました。
今後は大学生の自分だからこそできることとして、若い世代に日本酒をもっと知ってもらうためのイベントを企画したいと考えています。

千田 萌実さん
岩手県立大学4年2017年度時

私には夢があります。それは、岩手の地域を活性化させ、たくさんの人に岩手の魅力を伝えることで希望を与え、日本の幸福度を上げること。私は歌うことが大好きなので、歌を通じてその夢を叶えたいと考えています。

キボスタに参加した動機は、素敵な仲間に出会い共に成長したいと思ったからです。この願いは初回の講義ですぐに叶いました。参加以前は、夢を共有出来る仲間がいなく、孤独に感じることもありましたが、ここには話せる友達がいて、最初の懇親会で泣いたほど感動しました!

また、多くの関係者を通じて新たな出会いが常にあります。そのお陰か、不思議な事に、受講後は必ず将来に繋がる出会いや次の目標が出来て、人生が進んでいる感じがし、とても楽しい気持ちになります。

わたしの夢の最終目標は、岩手の観光大使になって、紅白にも出ること!
人として成長して夢を叶え、皆さんに恩返ししていきたいと思っています。